2010年12月16日

ProcessHacker ver.2.9 - 非公式日本語版

- x86
置いておきます
日本語版 ->> GPL

+ プロセス、サービスの表示/その他の操作が可能な高機能ツールです。

主な機能:
+ 各種プロセス、サービス、システム関連の詳細な情報の取得、表示

+ プロセスの完全な制御(ルートキット、一部セキュリティソフトを含む)

+ 通常では、操作ができないプロセス/スレッドに対しての中断/再開などの
+ 操作(アンチウイルス、AVG Antivirus、COMODO等)

+ プラグインが 5 種同梱されています。(一部英語表記部あり)

(*1) 現在のものは、起動時にエラー表示が出ます(英語版も同様)。
ただこれはツールの使用には特に問題ないようです。

[ 追記 - 12:17 PM 22:40 ]

上記のように書きましたが、このエラーはこちらのミスによるプラグインの
抜き忘れが原因でした。ツール自体には何の問題もありません。記事公開から
さっきまで置いてあったものをインストールされた方は、Pluginフォルダ
内の"ExtendedTools.dll" のみを削除してください。

Shuichi さん、ご報告をありがとうございました。コメントを頂けなかったら
次回の更新まで気付かなかったかもしれません。(作者さんにもお詫びを書こう
と思いましたが、よく考えたら一度も連絡したことがなかったことに気付きました..)

[ 関連情報 ]

Lifehacker
Best Windows Task Manager Alternative:

[ 補 説 ]
ツールの操作性などは Ver 1.X 系と殆ど同じですが、内部的にはかなり異なり
ます。また、(インストーラはありませんが)インストールする時は、Ver.1 とは
別の場所にフォルダを置いて実行した方がいいかもしれません。

作者サイト ->> | Softpedia ->>
GPL

- Screenshot #1 - ver.1.4 -
メイン画面

- Screenshot #2 - ver.1.4 -

メイン画面




【ProcessHackerの最新記事】
posted by tilt at 19:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | ProcessHacker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>(*1) 現在のものは、起動時にエラー表示が出ます(英語版も同様)。

README.txt によるとプラグイン ExtendedTools.dll の利用は Vista 以上でなければならないようで、 XP では起動時にエラーが表示されてしまうようです。
ExtendedTools.dll を削除したところ XP ではエラーは表示されなくなりました。

以上と関係があるのでしょうか?
Posted by Shuichi at 2010年12月17日 17:00
おっしゃるとおり現行のバージョンで過去に
入っていた ExtendedTools.dllプラグインを
使用するとエラーになり落ちます。
このプラグインは抜いたと思っていたのですが
今確認したら入ったままでした。

抜いたものと置き換えておきます。

ただ、起動時のエラーはこのプラグインのエラーとは
別のようで、EventTraceExが見つからないと表示され
ますが、記事に書いたようにツール自体が落ちること
はなく利用できるようです。(安定したものがいい場合
はひとつ前のものを使用した方がいいかもしれません。
余談ですが私は、C#で書かれていた頃のver.1.X の方
を今でも愛用しています)

ご報告をありがとうございました。

------
Tilt
------
Posted by tilt at 2010年12月17日 22:35
[追記です]
再度確認したところ、エラーはこちらのミスで
原因はDLLだったようです。(テストした方にも
入ったままでした)

新たにDLLファイルを抜いたものを置いておきましたが、
このファイルを削除するだけでもエラーは無くなります。
安心してお使いください。

どうもありがとうございました。

------
Tilt
------
Posted by tilt at 2010年12月17日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック