2015年02月01日

xrecode II ver.1.0.0.219 - 更新情報

up

+ Xrecode の上位シェアウェア版です。

+ Xrecode と同様の操作性で、更に機能が強化+追加されています。

:: 言語ファイルを適用する方法 ::

1.) ファイルを上書きしてから本体を起動

2.) 右上の"日本語"という表示部分を右クリックして"Reload from file"
  を選択して適用します。(shot)

[対応形式 : 入力]
mp3, mp2, wma, aiff, amr, ogg, flac, ape, cue, ac3, wv, mpc, mid
cue ,tta, tak, wav, wav(rf64), dts, m4a, m4b, mp4, ra, rm, aac
avi, mpg, vob, mkv, mka, flv, swf, mov, ofr, wmv, divx, m4v, spx,
3gp, 3g2, m2v, m4v, ts, m2ts, adts, shn, tak, xm, mod, s3m, it
mtm, umx, mlp, webm

[対応形式 : 出力]
m4a, m4b, alac, ape, flac, mp3, mp4 (NeroAACが必要), ogg, raw
wav, wav(rf64), wma, WavPack, mpc, mp2, Speex, ofr, ac3, aiff
Shorten, Tak ,ogv, M4A/AAC(Faac),opus
(その他各種コマンドラインオプション)

作者サイト ->>

Sherewere

- Screenshot - ver.1.0.X -
メイン画面


[ その他の機能 ]

+ CD からの取り込み
+ メタデータの対応
+ カバーアートの編集
+ 音声アナウンスの挿入
+ ポータブルモードへの切り替え

+ リプレイゲインの並列処理
+ トラックの部分的なエンコード(秒指定)
+ ドライブの読み取りエラーに関する情報の取得
+ メタデータのインポート&エクスポート

+ MP3 のオリジナル品質を保持した分割(cue) & 結合処理
+ AVI,FLV,etc 等から再エンコードなしで MP3ストリームを抽出

+ DTS ファイルの再エンコードなしでの結合(RAW を選択)
+ ソースファイルからCUEを作成
+ mlp ファイルの再エンコードなしでの結合(RAW を選択)

+ 不正な文字を置換する方法の指定
+ ユーザ定義動作の指定機能(プレイヤー関連、外部ツール
+ 指定など、いくつかの動作を組み込み済)
+ ホットキーに様々な動作を割り当て可能

+ PlayStation 3 形式メタデータ書き込み(Nero-AAC設定、mp4)
+ カバーアートの拡大縮小
+ 外部ツールの出力キャプチャ
+ 一時的な WAV ファイルへの変換出力
+ シェルへの統合
+ TOC の作成
+ 外部エンコーダの指定(FLAC)
+ 外部エンコーダの指定( 2-Pass /Microsoft Media Encoder 等を使用)
+ オーディオ・ブックの作成 (結合/Cue)

+ "Part of a compilation"タグ(iTunes)、に対応
+ BPM (Beats Per Minute)タグに対応
+ ID3v1(MP3)タグ、に対応
+ 再生リストファイル (pls, m3u and m3u8)に対応

+ トラックゲイン、アルバムゲイン機能
+ TTA エンコーダに対応

+ MP3 を含むSWFファイルへの対応
+ Audiobook レイアウトの最適化
+ md4 チャプターの読み込み

(ver.1.0.149)
+ 最初のトラックに対するプリギャップ処理
+ リプレイゲインの制御

(ver.1.0.150)
+ メタタグの自動取得(オプション/メタデータ)

(ver.1.0.152)
+ iPhone 用着信音の作成
+ Ogg ファイルのカバーアート

(ver.1.0.153)
+ Quicktime の存在チェック(m4a 作成時)
+ Nero AAC コマンドラインに対応
+ 外部エンコーダのテスト(ボタン)
+ CD リッピング時の C2 エラー補正機能を改善

(ver.1.0.165)
+ 複数形式の対応性の向上(同型式で異なる設定を利用可能)
+ エンコード完了後のシャットダウン
+ カバー検索機能の改善

(ver.1.0.166)
+ Cue ファイルの自動検出精度の向上(UTF-8 UTF-16)

+ mp3hdDecoder を利用した mp3hd 形式のデコーディングに対応.
< 入手先: http://www.all4mp3.com/Learn_mp3_hd_1.aspx. >

+ BMP のカバーアートに対応

(ver.1.0.167)
+ 5.1/2.0チャンネルへの変換(AC 3)

(ver.1.0.175)
+ トラックの最初/最後から無音部分を検出
+ MP3 形式の最小/最大ビットレート修正
+ FLV メタデータへの対応

(ver.1.0.182)
+ 5.0 チャンネル・リマップ設定
+ m4a/mp4 形式ファイルのタグ
"replaygain_track_gain" ,"replaygain_track_peak"に対応

+ m4a/mp4 形式ファイルのタグ

(ver.1.0.184)
+ テンポ(ピッチ)調整機能
+ サンプルレートの相互変換 (PAL (25000) ←→ NTSC(23976))

(ver.1.0.185)
+ WMF コーデックによる m4a/m4b/aac 形式のデコード
+ メタデータへのコメント付加機能(変換後の全トラックに保存可能)

(ver.1.0.186)
+ SND ファイルへの対応
+ WPL ファイル(Windows Media Player プレイリスト)への対応
+ FLAC ファイルの id3v2 読み取り
+ CLI パラメータによるバッファサイズの指定(LAME.exe 他)
+ 携帯着信音作成機能の向上
+ 5.1 → 2.0 ダウンミックス時の LFE チャンネルオプション

(ver.1.0.187)
+ m4b 形式の出力(M4A/AAC、及び AAC 設定)

(ver.1.0.190)
+ foobar プレイリスト(.fpl)の読み込み
+ トラック間への無音部挿入

(ver.1.0.194)
+ Opus 形式の読み込みに対応

(ver.1.0.195)
+ CD ドライブの読み取り速度の設定(デフォルト=最大)

(ver.1.0.197)
+ webm 形式に対応
+ UTF-8 エンコードの WAV タグ読み取り
+ ogg/flac/opus 形式内のチャプター読み取り

(ver.1.0.200)
+ FLAC 無圧縮に対応(FLAC 設定)
+ LC AAC, HE AAC 及び HEv2 AAC プロファイルを追加 (NeroAAC 設定)

+ パラメータに /mergedest, /mergecreatecue , /mergeembedcue を追加
< 使用例 http://xrecode.com/cmdline.txt >

+ webm 形式に対応

(ver.1.0.201)
+ オプション "ソースと同じビットレートを使用" を追加(MP3 設定)

(ver.1.0.202)
+ LossyWav コマンドラインパラメータの指定に対応

(ver.1.0.203)

+ パラメータに /stdout を追加
< 使用例 http://xrecode.com/cmdline.txt >

+ Flac から Alac 変換時の歌詞タグに対応
+ LHA 形式のファイル読み込みに対応 (一時フォルダに展開後、自動追加)

(ver.1.0.204)

+ トラックのフェードイン/アウト (入力設定: -> 追加設定)

(ver.1.0.206)

+ initialkey タグに対応 (mp3/flac -> alac/m4a 変換時)
+ "リプレイ ゲイン/トラック ゲイン分析" の並列処理に対応

(ver.1.0.207)

+ MP3 ファイル結合時のオプション "ソースと同じビットレートを使用"
を追加 (平均ビットレート使用時)

+ トラックの最後に無音部分を追加するオプション
(出力設定: 追加設定->設定ボタン->追加設定タブ)

+ 巨大な mp3 ファイルのメタデータ保存処理時のパフォーマンスを改善

(ver.1.0.210)

+ 無音部分で分割する機能に関連したいくつかのオプションを追加



【xrecode IIの最新記事】
posted by tilt at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | xrecode II | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック